化粧ノリ悪いのは毛穴が原因?顎脱毛で解消する?についてご紹介します!

顎の化粧ノリが悪くなってきた?その原因は◯◯!

 


「以前と比べて、顎の化粧ノリ悪いな…」
と感じる事はありませんか?

 

化粧のノリが悪くなる原因にはいろいろなものがあります。
毛穴が開いているとか、
肌が乾燥しているとか、
角栓が詰まっているとか、
などなど。

 

しかし、以外と知られていないのが、
あごの産毛がメイクのノリを邪魔している
ということです。

 

原因がいろいろあるので、
対策方法も原因に合わせて正しく対処することが必要です。

 

しかし、顎の産毛がメイクを邪魔している場合には、
顎の顔脱毛をする事によって化粧ノリ悪い状態を解消できます。

 

 

顎の産毛が化粧ノリを邪魔する原意は“毛穴”!?


産毛であっても、濃くて太い毛であっても、
すべての毛は、毛穴の中の毛母細胞から生えています。

 

その毛穴は、普段は体が体温調整をするために
常に開いたり閉じたりを繰り返しています。

 

毛穴が閉じにくい状態になっていると、
そこにファンデーションが詰まったりして、
毛穴が目立ちやすくなってしまいます。

 

そうすると、
その上からファンデーションを塗っても、
毛穴の中にはすでに詰まっているファンデーションがあるので、
きれいに塗ることができないのです。

 

産毛があることによってメイク落としをしても、
ファンデーションをスッキリ毛穴の中から
除去しにくくなってしまうというわけなんです。

 

つまり、ファンデの浮きをなくすには、
毛穴を引き締める必要があるのです。

 

 

 

女性があご脱毛をする時のオススメの方法は?

 

「なんとなく顎周りの化粧ノリ悪いな〜」
という時には、もしかしたら、
顔の産毛が邪魔をしている可能性があります。

 

そのときは、
顎の顔脱毛を考えてみてはいかがでしょうか?

 

脱毛の方法はいろいろあります。

 

家庭用の光脱毛器を使っても良いですし、
サロンやクリニックに行ってすっきりと永久脱毛する方法もあります。

 

また、永久脱毛効果はありませんけれど、
肌表面の古い角質も取り除くことができる糸脱毛や、
毛を引き抜く脱毛ワックス、
毛をゆっくり薄くしていくコスメの抑毛クリームなどもあります。

 

ただし、その顎髭をしっかりと解消したいのなら、
医療脱毛がオススメです。
なぜなら、もっとも効果が高いからです。

 

 

顔脱毛をして産毛がスッキリすることによって、
毛穴の中のお掃除がしやすくなります。

 

メイククレンジングを使っても、
毛穴の中につまっているファンデーションなどを
スッキリと除去できますし、
その後で毛穴を閉じるスキンケアをすれば、
毛穴の目立ちも解消することが可能ですよね。

 

 

 

 

 

あごの化粧浮き改善のために、
毛穴を引き締めることに興味がある人は、
女性の顎髭脱毛についてまとめてあるコチラもオススメです。

 

>>【注意!】女性の顎髭の正しい脱毛方法・間違った脱毛方法!

トップへ戻る