女性のあご脱毛はクレーターやニキビ跡があってもできるの??

顎脱毛の肌への影響は?ニキビ跡があっても脱毛できる??

 

女性のあご脱毛」と言って、
どんな方法を思い浮かべますか??

 

脱毛サロンやクリニックでプロにしてもらう施術や、
自分で行うカミソリやシェーバーを使う方法、
除毛クリームや抑毛クリームを使う方法などがありますよね?

 

それぞれの種類によって、
肌にかかる負担の大きさが異なりますから、
ニキビへの影響も変わってくるものです。

 

ただ、できれば肌に大きな負担がかかるような方法は避ける必要があります。

 

一方、ニキビ跡の場合は、すでにニキビによって肌がダメージを負った後の状態です。
だから、肌へのダメージに気を使う必要はそこまでないと言えるでしょう。

 

しかし、ニキビのクレーター状の跡は、肌の新陳代謝を促進することでしか解決することができないので、脱毛レーザーなどによって治癒していくというのが難しいでしょう。
よって、肌の新陳代謝を活性化させてくれるような方法がおすすめです。

 

 

顎髭脱毛は、ニキビ進行形はNG!だけどニキビ跡はOK!?


基本的に、ニキビが現在進行中の人は顎の顔脱毛はNGです。

 

どんな方法でも肌への負担が大きくなることによって、
ニキビトラブルがさらに悪化してしまうリスクが高いからです。

 

しかしニキビ跡の場合は、
肌がダメージを負った後の状態ですので、
自然な新陳代謝によって少しずつ回復することができるので、
問題なく顔の産毛処理をしても良いでしょう。

 

クリニックやサロンでの施術ならニキビ跡改善にも効果アリ!?


顔脱毛の中でも、プロにしてもらう施術の場合には、
ニキビ跡の改善効果が期待できると言われています。

 

実際にはニキビ跡の治療と、
顔脱毛で使う脱毛機器は異なるので、
脱毛施術で同時に脱毛効果とニキビ治療効果を得ることは難しいですね。

 

ただし、実際、
ニキビ治療に使われることが多いアレキサンドライトやYAGなどの脱毛機器は、
クリニックによっては顔脱毛に使われることもあります。

 

これらの機種は、
脱毛効果よりもニキビ治療効果が大きいため、
ニキビ治療のために使っていたら、
おまけの効果として顔脱毛効果もあった
ということはあります。

 

また、
顔脱毛でレーザー照射をする事によって、
毛穴から生えている産毛やひげなどがなくなり、
肌表面の皮脂分泌量が減少してニキビができにくくなる
という効果は期待できます。

 

そのため、新しいニキビを作りにくい肌質になるということですね。

 

 

にきびができやすい体質の人は、皮膚科での脱毛施術(医療脱毛)がオススメです。

 

なぜなら、医療脱毛なら医師がいるので、ニキビにならないような脱毛施術や、抗菌塗り薬の処方などがあるからです。
もし、万一ニキビになってしまっても、そのまま脱毛クリニックの医師に相談できるので、手間がないのもメリットです。

 

 

 

 

女性のあごひげ脱毛にオススメの医療脱毛はここを参考にどうぞ。
>>女性の顎髭脱毛にオススメの医療脱毛クリニック3選!

トップへ戻る